THE ATARIS / Welcome the Night

Welcome the Night


4年振りぐらいの新譜なメジャー2nd。
名盤と云いたくなるような、捨て曲無しのアルバムのその次ってのは、名盤な前作のお陰で実際以上に評価が下がるもの。どうしたって比較してしまう。


比較なんてしなくても、これは無いわー。
最近がらっと曲調や雰囲気を変えるバンドが増えてるけど、これは変わり過ぎ。
ロディックなパンクロックから、暗くてじめっとしたUKロックに。
例えボーカルが同じでもこれはついていけません。
先行で聴いてたシングルの「Not Capable of Love」は良かったんだがなあ。
新規のUKロックファンを呼び込んで大ブレイクするのか、それとも静かに消えていくのか分からないけど、UKロックを聴いてると気分が鬱々としてきて嫌な個人としては、そっと終わったバンドの棚に。


The Atarisは前作だけでいいや。
こっちは文句無しに捨て曲無しの名盤なのだ。

ソー・ロング、アストリアソー・ロング、アストリア
アタリス

by G-Tools


Not Capable of Love


ノリの比較として、前作の。
Boys of Summer